株式会社クワザワ - 完成保証

注文住宅を建築する場合は、商品を購入する場合と少し支払方法が違います。

注文住宅の場合は、建築会社により異なりますが、一般的な例として…

注文住宅の場合は1棟1棟が異なるため、工場に完成品を造ることができない、および契約から完成引渡まで4ヶ月から6ヶ月間要するために、完成後に一括して代金を払うのではなく、「頭金、着工金、中間金、竣工金」等、出来高に応じて工程ごとに支払うのが一般的です。

1.せっかく時間をかけて打ち合わせした設計図書は誰が持っているの?

2.建築中の建物は誰のもの?

3.誰が工事を引継いでくれるの?

4.支払ったお金は戻ってくるの?

一般的に企業の財務内容を調べるには、手間と労力がかかります。そのため、第三者が建築会社を事前に審査して、誰にでも分かりやすいカタチにし、その責任まで負うのが「完成保証」制度です。

「完成保証」は住宅あんしん保証が優良な建築会社と認め、
住宅あんしん保証に登録された工務店・ビルダー様だけがご利用できる
お施主様へのあんしんと信頼のサービスです。

きびしい審査基準をパスした工務店・ビルダー様だけが登録できます。

工務店・ビルダー様が住宅あんしん保証に新規に加入するには、過去3年間の決算書の提出(健全な経営状態であること)。技術面など、厳しい条件や審査をクリアする必要があります。

登録後も定期的にチェックを受けなければなりません。

一度登録すればOKという訳ではありません。その後も毎年決算書を提出するまで、経営状態のチェックを受けなければなりません。

工事保険等への加入も義務付けられています。

工事中のあらゆる事故に対する各種損害保険の加入が義務付けられ、お施主様の財産となる建築中の建物への「安全・安心・信頼」のご提供に積極的に努めています。

つまり住宅あんしん保証の登録店は
健全経営の優良な工務店・ビルダー様なのです。

1.住宅あんしん保証が大切に保管します。

工務店・ビルダー様が完成保証を申込み(委託申請)する際には、設計図書一式と工事見積を提出することが義務付けられており、住宅あんしん保証が完成まで保管します。

2.円滑に工事が再開されます。

通常、住宅を建設中に業者が倒産すると、大勢の債権者の話し合いまたは、法的処理が決着するまで長期間工事を再開できません。なぜなら、建設中の建物は債権者全体の所有になるからです。でも、大丈夫!完成保証制度を利用すれば所有権は住宅あんしん保証に移転される契約になっているので、"すぐに工事を再開できます"。

3.引継ぐ建築会社も責任を持ってご紹介します。

所有権の問題が解決できても、替りの業者が見つからないと…。大丈夫!住宅あんしん保証が責任を持って引継ぐ建築会社をご紹介します。

4.支払ったお金は戻ります。

倒産により戻ってこないお金(過払金)、さらに建築会社が引継ぐことにより発生する増嵩費用※を住宅あんしん保証が保証し、建物を完成させます。
※最大1,100万円または請負金額の30%いずれか低い方

重要

完成保証は、保証証書が発行されてはじめて有効になります。
保証証書がお手元に届いたことを、必ず確認してください。

このページの先頭へ